和牛が解散の本当の理由5つ!?今後の2人はピン芸人として活動する?

  • URLをコピーしました!

人気お笑いコンビの「和牛」が2024年3月末で解散することを発表し、多くのファンが衝撃を受けています。

和牛は、2015年〜2019年まで5年連続で決勝進出、2016年〜2018年まで3年連続で連続で準優勝を果たした実力派です。

なんといっても、2人の演技力には定評があり、「伏線回収」「屁理屈漫才」など独特で唯一無二のスタイルを確立しています。

そして、それらがストイックな努力によって確立されていったことは、自然に見える漫才のテンポや滑舌の良さやネタの練られ方などからわかるでしょう。

なぜ多くのファン惜しまれつつ解散しなければならないのか、その理由を考察してみたいと思います。

スポンサーリンク
目次

和牛解散の報道!

2023年12月12日、人気お笑い芸人「和牛」解散の一報が流れました。

弊社所属 和牛が2024年3月末をもちまして、コンビを解散することになりましたのでご報告します。

水田信二(みずた・しんじ、43歳)と川西賢志郎(かわにし・けんしろう、39歳)は今後、弊社所属のまま、それぞれの道を歩んでいくことになりました。

これまで、和牛に多大なご声援をいただきましたファンの皆様、関係者各位には心より感謝いたしますとともに、引き続き2人にご支援を賜りますようお願い申し上げます。

引用元:吉本興業公式HP

和牛の所属事務所である吉本興業の公式ホームページで、和牛解散の報告が発表されたのです。

上記の文章に加え、水田信二さんと川西賢志郎さんお2人のコメントも掲載されていました。

【水田信二さんのコメント】

来年の3月末をもって和牛を解散することになりました。

きっかけは、3年程前に気の緩みから複数回の遅刻が重なったことでした。

加えて漫才のパフォーマンスにおいて川西の要求に応えられないことがあり、漫才への取り組み方について川西との差を感じるようになりました。

お客さんに笑ってほしいという目的は同じでしたが、川西の求めるものと自分のやりたいこととのギャップが徐々に開いていき、相方に対して意見することができなくなり、楽しかった漫才が苦しいだけの毎日になっていました。

自分にとって、漫才も漫才以外のお仕事も、芸人の仕事は全て本業です。 和牛を応援して下さっていた皆様、会社やスタッフさん、関係者の方々にはお笑いで応えていきます。 川西のことは、絶対に大丈夫な人なので心配はしていません。 僕自身のことはすごく心配だらけなのでこれまで以上に応援してください。

引用元:吉本興業公式HP

【川西賢志郎さんのコメント】

突然の報告ではございますが、来年の3月末日をもって和牛を解散することとなりました。

3年ほど前から、僕はより舞台に力を入れたいという思いが強くなる一方で、水田の劇場出番への遅刻が続いたことをきっかけに、自分と彼との漫才に対する姿勢の違いが目立つようになりました。

徐々に彼を信頼できなくなり、節度を保てず厳しく言葉をかけることもありました。それが彼を苦しめることに繋がり、求めるような漫才もできなくなってしまいました。

自分がなりたかった漫才師像を、実現している姿を楽しみにしながら応援してくださっていた皆様には、心苦しい報告となりましたが、どうかご理解ください。

また、関係者各位へ最大限にご迷惑をおかけしない形を模索し、会社と相談を重ねておりましたが、急なご報告となってしまいました。そのために、ご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。

漫才師として自分を育ててくれた会社やスタッフの皆様、仲間やお客様に、改めて感謝を申し上げます。本当にありがとうございました。

今後も芸人活動は続けてまいります。 新たに情熱を捧げられるものを探し、見つけ、挑戦していけたらと思っています。 具体的な活動に関して、皆様へお伝えできる日が来るよう、日々を精一杯に。

引用元:吉本興業公式HP
スポンサーリンク

和牛が解散の本当の理由3つ!?

和牛がなぜ解散することになったのか、その理由を探ってみたいと思います。

解散の理由①水田の遅刻

まず、ひとつ目の理由は「水田の遅刻」です。

水田さんは、解散の理由は「(自分の)遅刻がきっかけ」だと明言しています。

また、川西さんも水田さんの度重なった遅刻が原因で水田さんを信頼できなくなったと明かしています。

解散の理由②漫才に対する姿勢の違い

2つ目の理由は、「漫才に対する姿勢の違い」です。

2人は、3年ほど前の度重なった水田さんの遅刻が解散のきっかけになったと明かしていますが、そのことが発端となり、漫才への姿勢の違いが大きくなっていったようです。

そのことを2人は次のような言葉で綴っています。

漫才への取り組み方について川西との差を感じるようになりました。

自分と彼との漫才に対する姿勢の違いが目立つようになりました。

解散の理由③方向性の違い

3つ目の理由は、「方向性の違い」です。

解散報告文の中で、水田さんは次のように発言しています。

自分にとって、漫才も漫才以外のお仕事も、芸人の仕事は全て本業です。

それに対し、川西さんの考えは違うようです。

僕はより舞台に力を入れたいという思いが強くなる一方で

水田さんは、漫才の舞台だけではなく、テレビやラジオ、YouTubeなどでの活動を視野に入れていた可能性があります。

お笑い芸人でも、バラエティー番組やラジオ番組、声優や俳優、旅番組や司会業など幅広い活躍をしている人がはくさんいるので、タレント性のある水田さんは枠にとらわれない活動をしたかったのかもしれません。

一方で、川西さんは職人気質の漫才師として舞台を大切にし、漫才師としてもっと高みを目指していたように思うます。

解散の理由④川西のメンタル面

4つ目の理由は、川西さんのメンタル面です。

和牛は、言わずもがな実力派として知られるお笑いコンビ。

過去のM-1グランプリでは、2015年〜2019年まで5年連続で決勝進出、2016年〜2018年まで3年連続で連続で準優勝を果たしています。

そして2019年の決勝敗退を最後にM-1グランプリへのエントリーはしていません。

ちょうど、水田さんの遅刻が重なった時期以降になります。

命をかけて、漫才をしていた川西さんの中で相方と歩調の合わなくなった焦りや失望などが大きくなっていたのかもしれません。

文春オンラインでは芸人仲間が川西さんの苦悩について次のように取材に答えていました。

川西が気を病んで鬱っぽくなってしまっているのです。最近の川西は『M-1で優勝できていない』など漏らしており、相当悩んでいた。和牛の2人は、漫才という芸事については誰よりもストイック。舞台袖で取っ組み合いの喧嘩になるほど議論になることも多い。しかし、川西は現在の状態ではその熱量で漫才に向き合えないと考えています。そこで『漫才や今後に支障をきたす』という理由から解散を水田に持ちかけていたのですが、当初の水田は解散という選択はしたくなく、川西の提案を断り続けていました。しかし最後は相方の身体を第一に考えた水田が渋々承諾したと聞いています」

引用元:文春オンライン

芸人仲間の話では、M-1で優勝できていないことや、相方の水田さんとのズレなど相当悩み鬱っぽくなっていたようです。

元々漫才に対する情熱は誰よりも強い和牛の2人なので、情熱を持てなくなってしまったことが川西さんにとって辛かったようです。

また、水田さんは解散したくなかったものの、川西さんの体調を思って解散に同意したようだと記載されていました。

解散の理由⑤水田のメンタル面

5つ目の解散の理由は、水田さんのメンタル面です。

水田さんは、川西さんとの漫才への姿勢の違いと方向性の違いに悩んでいたと思われます。

また、川西さんの要求に答えられず厳しい言葉をぶつけられても川西さんに自分の考えを言えなくなっていき、楽しい漫才が苦しいものになってしまったことを明かしています。

お客さんに笑ってほしいという目的は同じでしたが、川西の求めるものと自分のやりたいこととのギャップが徐々に開いていき、相方に対して意見することができなくなり、楽しかった漫才が苦しいだけの毎日になっていました。

久しぶりにネットニュースに登場した水田さんの写真も、以前よりほっそりしており、ファンの間では精神的に悩んでいたのでは?と心配する声も上がっていました。

スポンサーリンク

今後の2人はピン芸人として活動する?

解散を発表した和牛ですが、今後の2人はどのような活動を続けていくのでしょうか?

吉本興業の公式発表によると、水田さんも川西さんもそのまま吉本興業に残ることがわかっています。

水田さんは、漫才だけにとらわれずテレビやラジオで活躍していくのかもしれません。

川西さんは、やはり自身が夢見ていた漫才というものを目指し貫いていくのでしょうか。

今後も芸人活動は続けてまいります。 新たに情熱を捧げられるものを探し、見つけ、挑戦していけたらと思っています

川西さんは、「新たに情熱をささげられるものを探し、見つけ、挑戦していけたら」と言っています。

新しい相方を見つけ新しい漫才をやっていくのか、ピン芸人として芸風を作っていくのか…。

2人にとって、ここからの道は簡単ではないと思いますが、今後も応援し続けたいですね。

スポンサーリンク

まとめ

突然の和牛の解散発表に、衝撃が走っています。

ネットでは、和牛解散を惜しむ声であふれており、改めて彼らの人気の大きさを思い知ることとなりました。

本当に残念ですが、水田さんと川西さんの今後の活躍を期待し、応援しましょう!

そして、またいつか時期が巡り、2人の漫才が見られたら最高です!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次